噛み合わせ 治療 咬合ケア(咬み合わせ)で輝き笑顔と健康を 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取 医療法人 心成会 かとう歯科医院

良い咬み合わせとは・・・?

かとう歯科医院 院長 加藤淳一 上下歯の接触のことを言いますが、食物が入らない状態で咬んでも(俗に言う「イー」の状態)咬み合わせが良いかどうかはわかりません。
つまりお口の中を見ただけでは咬み合わせの本質はわからないのです。

”歯だけは自然治癒が不可能です。”

残念ながら、虫歯治療・矯正、その他の歯科治療で咬み合わせが悪くなることが多々あるのです。
本来咬み合わせの役目とは、食物を噛み砕くことで消化吸収を助けるのと同時に、消化器官が正常に機能が発揮できるような状態を保たせる(消化器官だけでなく内臓全てにも発揮する)のですが、
それには良い姿勢で食べることが必要となります。
「私は歯並びが良いんだけど食事しているとだんだん猫背になる」
これは歯並びは良いけど咬み合わせは悪いことを意味しています。逆もしかりで「私は歯並びは凸凹だけどよく姿勢が良いと言われる」
このような人は多分立ち姿もきれいだと思います。つまり咬み合わせで上下顎の高さが保たれることによって背骨のつぶれを防ぎ、姿勢が良くなって内臓もつぶれずに正常な機能を発揮するようになるわけです。
また噛み砕く(咀嚼)ことにより身体へ咬合力が伝わり、全身のマッサージ効果もあります。
咬み合わせ治療は審美(見た目)と身体内面からのWアプローチ。
外見も身体内からも健康で美しく。


矯正治療との違い
矯正治療のようにブラケットと呼ばれる装置をつけて治療するのではなく、スプリントと呼ばれる仮歯を歯に仮着してあなたの咬む力で治療していきます。